最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

文京区の永代供養墓を探すベストなタイミングとは?

永代供養墓を探すベストなタイミング

最近、永代供養墓を望む人が増えています。
お墓参りを頻繁にできない人や、家族にお墓の管理などをさせるなど、迷惑をかけてたくないと考えている人にとって、永代供養墓は魅力的だといわれています。
文京区内では主に5つの寺院や霊園が永代供養墓を運営・管理しています。
永代供養墓を探す、最も適したタイミングは生前の段階だといわれています。
永代供養墓の特徴を把握したうえで、生前に永代供養墓を探すことが良い理由を紹介します。

永代供養墓とは

永代供養墓は料金を払うことで、一定の期間寺院や霊園が責任をもってお墓の管理や供養をしてくれるお墓のことです。
永代供養墓にはいくつかの種類があります。
一般のお墓と同じような形式の個別墓や他人の遺骨と同じ骨壺に故人の遺骨を入れて供養する合祀墓、屋内にある専用の施設に遺骨を安置する納骨堂などが永代供養墓の典型例として挙げられます。
費用は永代供養墓の種類によってまちまちです。
最も安いとされている合祀墓は10万円から20万円程度の費用で申し込むことができるといわれています。
屋内の施設に遺骨を安置する納骨堂は50万円から100万円程度かかるとされています。
一般のお墓の費用が100万円から200万円だと考えると、永代供養墓は比較的安いといえるでしょう。

生前に永代供養墓を探し、申し込むのがベスト

永代供養墓を探すタイミングはお墓に入る本人が生前であるときだ、といえます。
3つの理由を挙げて説明します。
1つ目は故人が自分の目で自分の入るお墓を決めることができるためです。
自分で決めたお墓ならば、納得・安心して入ることができます。
もし生前にお墓を選ばずに亡くなってしまうと、遺族がお墓を決めてしまうことになります。
特に永代供養墓は多様な種類があります。
永代供養墓を本人の最期の場所として選ぶならば、多くの観点から自分のお気に入りのお墓を選ばなければなりません。
例えば、お墓の形式が重要な判断ポイントです。
個別でお墓を持ちたいのであれば、個別墓を管理・運営している霊園や寺院を探さなければなりません。
他人と同じ骨壺でも構わないと考える方には合祀墓が良いでしょう。
さらに、少しおしゃれな施設に納骨してほしいと考える方には納骨堂が良いとされています。
霊園や寺院によっては、ラウンジ風のお墓参りスペースやオープンテラス風の待合室を備えている施設があります。
その他にも霊園や寺院のある場所(立地)や初期費用、供養の頻度や形式など、様々な角度から自分にとって最も好ましいお墓の形式を選ぶ必要があります。
したがって、本人にとってお気に入りのお墓の形式を選ぶためには生前のタイミングで探す方が良いでしょう。
2つ目の理由は経済的に家族に負担をかけずに済むことが挙げられます。
生前で永代供養墓を探し、申し込んでおけば、本人が事前に永代供養墓の使用料を払うことができます。
永代供養墓の場合、初期費用を事前に支払うと、以後の追加費用がかからないことが多いようです。
家族に金銭的に余裕があまりない方にとっては永代供養墓を生前に探し申し込むことをオススメします。
3つ目の理由は残された家族が供養の方法で悩むことがなくなるためです。
生前の段階で永代供養墓を探しておくと、本人が希望するお墓を申し込むことができて、残された家族にとっても安心となります。
もし生前の段階で何もお墓の形式や供養の方法について話し合わず、本人が亡くなってしまうと、家族は慌ててお墓の準備をしなければなりません。
故人が入るお墓は以後数十年間同じであることも多いです。
したがって、長く関わるお墓の選択は、生前の段階でしっかり検討し、家族と話し合っておくとよいでしょう。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営