最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

永代供養墓の形態

永代供養墓の形態

 

永代供養墓を探して文京区内を巡ってみると、最近は非常に立派な
建物内に永代供養墓があるところもあれば、古式ゆかしい寺院の墓地内の永代
供養墓もあり、バラエティーに富んでいることに今更ながら気づく。
しかしよく考えてみると、永代供養墓には様々な形態があるようでいて、
大きく分けるならば、二種類に大別できるように思う。

 

 

建物内に遺骨を納める形態

一つは納骨堂に代表されるように、建物内に遺骨を納める形態であり、
もう一つは、寺院の墓地内にあるお墓(多くは大型で共同形式)に
遺骨を納骨する形態である。
そして納骨堂のように、建物に遺骨を納める形態では、またさらに
二種類に分けられることに気づく。
一つはいわゆるロッカー型で、毎年管理料を払って、一区画に
数体の遺骨を収納できるスペースを借りる形式(いわゆるロッカー形式)。
もう一つはカード式といわれるもので、お参りのときにカードを
かざすと、遺骨が機械で転送されてくる形式である。
これら建物に遺骨を納める場合は、維持費が滞らないかぎりにおいては、
同スペースで保管される。
(継承者がいなくなった場合は別の場所に埋葬されるようだ。また将来建築の建て替えの必要性が起きることは十分に考えられる。)

寺院の墓地内にあるお墓に遺骨を納骨する形態

一方、寺院内の永代供養墓は、一般墓と比較してかなりの大きさの
墓石で作られていることが多く、継承者がいなくなることを前提に
考慮されている。
そのため、将来にわたっての遺骨の安置に心配が少ないと考えられる。
また一般墓と比較して墓石は大きいが、形態的に、建築物の納骨堂より
規模が小さいため、その分費用がかさばらず、利用者にとっては安価である。
交通の便などの条件が整えば、寺院の墓地内の永代供養墓は、
利用しやすく心安らぐ場所と言えるのではないだろうか。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営