最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

文京区で永代供養墓を構えるときの初期費用について

永代供養墓の初期費用について近年、永代供養墓が人気となっています。
永代供養墓とは、一定の料金を払えばお寺が責任をもって、永代に渡り供養と管理を行ってくれる墓のことです。
お墓の手入れをしなくて済むため、また、一般のお墓と比べて安価であるため需要が高まっています。
さらに仕事などで忙しく、地方へ墓参りに行くことができない人や後継者がいない人にとっても非常に便利なお墓です。
文京区では主に5つの場所で永代供養墓を利用することができます。
安いといわれている永代供養墓だが、どれくらいの初期費用がかかるか気になるところです。
初期費用は主に、永代供養墓の使用料や墓に名前や日付を刻印するための費用(刻字料)、納骨法要などによって構成されます。
永代供養墓のタイプによってやや初期費用が異なります。

一般の墓と同じの個別墓

個別墓は一般の墓と同じで、永代供養してもらえるタイプを指します。
見た目は一般の墓と全く同じです。
ただ、継承を前提とはしていません。
個人や夫婦で所有するタイプの永代供養墓といわれています。
墓石を建てなければならないため、他の永代供養墓のタイプと比較すると初期費用が最もかかるタイプだといわれています。
文京区内のある永代供養墓では、個別墓の永代供養墓使用料は1体につき50万から100万円でした。
しかしその他の納骨法要のお布施や刻字のための費用を含んでいるため、法外に高いわけではありません。
初期費用が多少高くても良いから、個別の墓が欲しいという方に適した永代供養墓となっています。

他人の遺骨と一緒に納める合祀墓

合祀墓(ごうしぼ)は1つのお墓に他人の遺骨も含めた複数納骨するタイプの永代供養墓です。
自分で墓を所有せず、他人の遺骨と一緒に納骨するため、経済的負担が非常に少ないことが特徴です。
しかし遺骨を他人と一緒にしてしまうため、遺骨はもう戻ってこないことに留意する必要があります。
初期費用は供養料のおよそ10万円と刻字料のおよそ5万円のみとされています。
他の永代供養墓と比較すると最も安い永代供養墓です。
文京区以外では、3万円程度で納骨できる場所もあるといわれています。
遺族を供養したいが、経済的に余裕のない方におすすめの永代供養墓です。

屋内の施設に納める納骨堂

納骨堂は遺骨を預かり安置するための、お墓の代わりの施設です。
特に都市部に多くあり、デジタル化が進んでいることが特徴です。
また、家族で所有できるタイプの納骨堂もあります。
納骨堂には主に、ロッカー式や仏壇式、自動搬送式、個別墓式の4つの種類があるといわれています。
ロッカー式は区分けされた棚の中に骨壺を入れ、ロッカーのように扉がついているタイプの納骨堂です。
仏壇式は仏壇が並んだような形態の納骨堂です。
自動搬送式は、専用の端末に専用のカードやある情報を入力することで、お参りスペースに遺骨が運ばれてくるタイプの納骨堂です。
個別墓式は霊園や通常の墓地と同じように、屋内に個別の墓を建てるタイプの納骨堂です。
納骨堂の種類によって初期費用がまちまちです。
初期費用は刻字をした、墓石式だと40万から80万円ほどかかるといわれています。
さらに年間管理費も発生するため、初期費用はもう少し高くなるでしょう。
納骨堂は様々なタイプがあります。
近年のIT化に伴い、また新たな納骨堂のシステムができるかもしれないので、気になる人は随時チェックしてみると良いでしょう。
屋内に置かれるため、気候に左右されず、お墓がいつでもきれいな状態で墓参りをしたいという方におすすめの永代供養墓です。
永代供養墓は種類によって様々な特徴があるので、初期費用だけでなく総合的に自分に合ったお墓の形態を選ぶと良いでしょう。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営