最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

文京区の永代供養墓は無宗教でも契約できる?

文京区の永代供養墓は無宗教でも契約できる?

無宗教の人が増えている昨今ですが、親の永代供養墓を選ぶ際には無宗教であっても契約は可能なのでしょうか。
お墓を選ぶのは一生に何度かしかないものですから、こうしたことも意外と悩むものです。
無宗教だと契約できないところも一部にはありますが、基本的には無宗教でも関係なく永代供養墓を契約する事が可能です。
ここではそんな永代供養墓を選ぶ際の重要ポイントについて解説します。

 

無宗教でも基本的に契約可能

永代供養墓にもいろいろとありますが、基本的には宗教は永代供養墓契約時には問われません。
このため、無宗教であっても永代供養墓を契約することはほとんどのケースで可能です。

例えば、真言宗の永代供養墓に入るからといって仏教徒でないといけないということはほとんどありません。
永代供養墓もビジネスですから、宗教にこだわっていると契約してくれる人が確保できなくて困るという面もあります。

 

◆契約できないケース

しかし、永代供養墓を契約する場合には宗教について詳しく聞かれることもあります。
永代供養墓には主に仏教系の永代供養墓と神教系の永代供養墓がありますが、永代供養墓によっては同じ宗教の人でないと受け入れていないことがあるのです。
これ以外に、どの宗派なのかによって契約できないということもあります。
とはいえ、宗教の違いのために契約できないというケースはかなり少なくなっています。

 

◆宗教関連でも揉めるならほかの永代供養墓にしよう

むしろ無宗教の人が多い昨今ですから、宗教に厳しいような永代供養墓は少なくなっていく可能性のほうが高いでしょう。
選択肢は多いですから、宗教関係で揉めるようだったら他の永代供養墓を選びましょう。

 

◆ホームーページを確認しよう

こうした宗教に関する決まりは永代供養墓業者のホームページにも記載されているものです。
そのため、無駄足にならないようにするためにも永代供養墓業者を訪れる前にはまずは電話したりホームページを確認しておくと良いでしょう。

また、無宗教では問題はなくとも他の宗教の人は受け入れていないような永代供養墓もあります。

 

とはいえ、やはりこのような宗教に厳しい永代供養墓はかなり少数派ですから、そこまで心配することもないでしょう。
むしろ、特定の宗派の人向けの永代供養墓であっても無宗教の人が入墓者の多数を占めるなんて永代供養墓もあるほどです。

 

神社・お寺の宗派は要チェックしておくべき

このように無宗教であっても永代供養墓は利用可能です。
しかし、だからといって永代供養墓を選ぶ際に完全に宗教の側面を無視して良いというわけではありません。
例えば、永代供養墓で行われる弔い・行事などは永代供養墓を経営している神社もしくはお寺の宗派が大きく影響してきます。
そのため、永代供養墓を選ぶ際には「どのような宗派の神社・お寺なのか」ということも確認しておくと後悔しないで住むでしょう。

また、完全に宗教色がないような永代供養墓もあります。
こうした永代供養墓であれば宗教についてあまり気にすることもなく契約できます。
ビル内に設けられているような永代供養墓は宗教色が少ない永代供養墓が多いこともポイントでしょう。

もしも「どの宗派の永代供養墓を選ぶか」で迷ったら先祖が信仰していた宗派の永代供養墓を選ぶというのもアリです。
先祖が信仰していた宗派の永代供養墓であれば気持ち的に選びやすいという人もいるでしょう。

紹介したように宗教などに関する点も永代供養墓を選ぶ際には意外と見逃せないところです。
永代供養墓の料金などを比較するのも良いですが、少なくとも「どのような宗派の神社・お寺なのか」ということは最低でも確認しておきたいところでしょう。
こうしたことも含めてじっくりと検討しておきたいところです。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営