最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

お寺めぐり~妙清寺(みょうせいじ)~

お寺めぐり~妙清寺(みょうせいじ)~

 

文京区白山には、その町名の由来ともなっている白山神社がある。
近年は境内に咲くアジサイの花でも有名である。
その白山神社からほど遠くない場所に、曹洞宗の妙清寺がある。

 

 

妙清寺の歴史

妙清寺は、慶長11年(慶長5年の説有り)、神田御弓町に創建されるが、
明暦の大火によって現地に移転した。
そして寺名を妙清寺としたのは1700年代である。
400年以上も前からあり、永平寺と総持寺を大本山としている。
寺紋は、徳川家と同じ葵の紋であるとのこと、その由来は、将軍が妙清寺をお休み処とした際に、
妙清寺がもてなしたことにより、家紋を授けられたとのことである。

妙清寺の特徴

妙清寺には、永代供養塔の「万霊塔」がある。
万霊塔とは、塔自体に霊を宿らせ、
塔を回向することによって供養をするというものである。
妙清寺の「万霊塔」内部では、一区画につき3名分の遺骨を納めることが
でき、本尊を薬師如来とする本堂を臨むように建っている。
個別棚式の納骨堂となっており、50回忌まで万霊塔内にて供養してくれる。
50回忌後は万霊塔内の合葬瓶に納骨され、永代に渡って供養されるとのこと。
妙清寺は白山駅から徒歩1分、本駒込駅から徒歩3分とアクセスしやすい場所にある。
旧白山通りという大きな道路に面しており、日当たり良好な平坦墓地である。
近くに東洋大学があり、私が妙清寺を訪れた際も多くの学生を見かけた。
文京区という高級地区ながら、学生たちの賑わいが垣間見える妙清寺で眠るのも悪くないのではなかろうか?

名称:曹洞宗 醫王山 妙清寺
住所:東京都文京区白山5-33-15
電話:03-3813-1751

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営