最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

文京区の永代供養墓の年間管理料の相場とは?

文京区の永代供養墓の年間管理料の相場とは?

永代供養墓は、ご家族ではなく寺院や霊園が一定期間責任をもって管理・整備するお墓のことです。
仕事や学業などで、頻繁にお墓参りに行くことができない人や、身寄りがない人が利用しています。
一般のお墓に比べて、費用が安く済むことも永代供養墓の特徴です。
では、お墓の管理・整備に必要とされる年間管理料の相場はどれくらいなのでしょうか。
適正な費用で永代供養墓を利用するためにも、文京区内の永代供養墓の年間管理料の相場を知っておくことは大切です。

 

文京区内の永代供養墓の年間管理料の相場

文京区内の永代供養墓では、永代供養墓使用料という契約した際にまとめて払う初期費用が年間管理料を含む場合が多いです。
つまり永代供養墓に申し込み、永代供養墓使用料を払えば、契約期間は追加で払う必要はないです。
文京区内の永代供養墓の使用料はお墓の形式や寺院によってまちまちです。

 

○個人墓
例えば、文京区内のある霊園では1体につき、永代供養墓使用料は50万円です。
この霊園の永代供養墓の形式は個人墓です。
一般のお墓と同じように、屋外に墓石を建てて納骨する形式の永代供養墓です。

 

○納骨堂
その他の文京区内の寺院では、1体につき30万円の料金(納骨料)の永代供養墓を運営しています。
納骨料は契約時に払う費用で、永代供養墓使用料とほとんど同じとみてよいでしょう。
永代供養墓の形式は納骨堂と呼ばれるものです。
納骨堂は、屋内に造られた棚に故人の骨壺を安置する形式の永代供養墓です。
参拝する際に、安置された場所から指定されたスペースへ骨壺が運ばれる仕組みです。
また、夫婦で利用できる永代供養墓では80万円が費用としてかかります。
なお、この文京区の寺院では1体あたり50万円の永代供養墓使用料が必要とされます。

 

○合祀墓
文京区の、合祀墓と呼ばれる永代供養墓では、1体につき10万円で年間管理費を含めた永代供養墓使用料を賄うことができます。
合祀墓は他人の遺骨と同じ骨壺に故人の遺骨を入れて、安置する形式の永代供養墓です。
複数ある永代供養墓の種類の中で最も安いといわれています。
文京区にある合祀墓も永代供養墓使用料に年間管理料が含まれています。

 

永代供養墓の全国的な年間管理料の相場

全国的に見ても、年間管理費は永代供養墓使用料に含まれていることが多いです。
永代供養墓の種類によって、永代供養墓使用料が変わります。

 

一般のお墓と同じ個別墓では、1体50万円の永代供養墓の使用料がかかります。
寺院や霊園によっては1体につき、100万円以上かかる個別墓もあるといわれています。
それに対して、全国的に合祀墓の永代供養墓使用料は安価といえるでしょう。
たいていは、1体につき10万円前後を払えば、合祀墓を利用することができます。
1体につき、3万円程度で年間管理料を含めた永代供養墓使用料を賄うことができる合祀墓もあります。

全国には、永代供養墓使用料とは別に年間管理料が必要とされる場合があります。
その場合の年間管理料の相場は、5千円から2万円程度とされています。
もし年間管理料の支払いをしないと、納骨された骨壺は処分されてしまう可能性があります。
さらに立派に造られた墓石や、お供え物も撤去・処分される場合があるので、十分に注意しましょう。

 

たいていの場合、文京区内の永代供養墓の年間管理料は永代供養墓使用料に含まれていることがわかりました。
文京区の永代供養墓使用料の相場は全国的にみても、相応な費用といえます。
ただ、永代供養墓の形式によって永代供養墓使用料に差がでます。
永代供養墓を選ぶ際には、永代供養墓使用料を中心とした費用にも注目しましょう。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営