最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗

本法寺は東京都文京区のほぼ中央に立地しているお寺であり、都内でも特に都市部にありながら都会の喧騒から遠く離れた閑静なスポットとして知られている。

本法寺を代表しているのが池を中心とした庭園の美しさであるが、永代供養墓を含めた墓所はこの庭のすぐ隣に位置し、そこに眠る者たちだけではなく、参拝者にとっても心安らぐ空間となっている。

本法寺はおよそ500年の歴史を持つ由緒正しきお寺なのではあるが、これほど長きに渡り人々の心の拠り所となり続けてきたのはこの静寂な美しさあってこそである。

また永代供養に関しては過去の宗旨宗派を問わず多くの人々を受け入れているという特徴もあり、永代供養を希望する場合には広くさまざまな人々にぜひおすすめしたいお寺である。

本法寺のおすすめポイントその1

本法寺は東京都文京区にある浄土真宗のお寺である。

その立地は文京区ということもあり、都心の中心部に位置しているのではあるが、墓所は湧き水からなる池のある庭園に隣接しているということもあり、都会の喧騒から隔絶された静寂な空間となっている。

また永代供養墓もその墓地に設置されており、同じく来た者たちの心を安らげている。

近年では永代供養墓は室内墓となることが多くなっているのであるが、本法寺の場合にはこうした美しい景観の中に永代供養墓が置かれ自然との調和した本当の意味でのたましいの安らぎを得られるようになっている。

おすすめポイントその2

本法寺では境内全体も広々とした空間活用がなされており、例えば駐車場に関しても約30台分のスペースが存在する。

本法寺はこの小日向の土地をおよそ300年以上にわたって守り続けており、方角も南向きで日当たりもよく、生ける者にとっても死せる者にとっても心安らげる場所となっている。

また永代供養墓に関しては年間の管理費はゼロであり、寺の関係者が一年を通して定期的に永代供養墓を含めた墓所の清掃および整備を行っている。

さらに納骨後の年忌法要や永代経での供養に関してもその都度相談を受け付けている。

おすすめポイントその3

本法寺にて永代供養を希望する場合には、まず永代供養墓用の納骨料として一壺の場合は30万円の費用が発生する。

また2~4壺合同での納骨を希望される場合には一律で60万円の費用となっている。

また生前における納骨予約も可能であり、今後に不安がある人の場合にはこの方法もおすすめできる。

全体のシステムとしては納骨後3年間は骨壷にてそのまま保管され、その後に合葬がなされるという方式となっている。

また本法寺では生前の宗旨宗派を不問として納骨を受け入れており、浄土真宗の信徒ではない者であっても供養を受けることが可能である。

また永代供養墓の墓石は自然石であり、その表面には「翔清楽」という文言が掘られているのであるが、こちらもまた非常に趣があると評判が良い。

おすすめポイントその4

本法寺は、日本橋の須原屋を版元として、天保年間に出版された

江戸時代の代表的な絵地図である「江戸名所図会」にも記載されている。

ちなみに本法寺にゆかりの深い著名人としては夏目漱石が知られている。

夏目漱石は本法寺の境内の梅を題材に和歌を詠んだことが知られており、夏目家の実家の墓所もまた本法寺である。

この夏目家のような歴史を感じる墓石から、個性を感じる独創的なデザインの墓石まで、様々な墓石が一つの場所に立ち並んでいるということもまた本法寺の特徴の一つである。

お寺へのアクセス

浄土真宗 高源山髄自意院本法寺

住所:東京都文京区小日向1-4-15
最寄り駅:江戸川橋

有楽町線江戸川橋駅に到着したら、4番出口より地上に出る。その後右に進み、すぐ左手にある古河橋を渡り、右前方に江戸川橋体育館がある交差点まできたら再度右折。そのまま道なりにまっすぐ進んでいくと左手に本法寺が見える。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営