最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

信頼できる永代供養墓を見極めるポイントについて

信頼できる永代供養墓を見極めるポイントについてご家族の負担が少なく、費用が比較的安いことで知られる、永代供養墓は、都内を中心に人気となっています。
初期費用さえ払ってしまえば、寺院がお墓の管理や整備をしてくれます。
一般のお墓に加えて永代供養墓を運営する寺院や霊園が増えてきました。
永代供養墓を利用としようと考えている人にとっては、利用できる選択肢が増えて非常によいことだといえます。
ただ、永代供養墓を運営する寺院や霊園が信頼できるかどうか見極めなければなりません。
半永久的に遺骨を安置する大事な場所とあって、慎重に選ぶ必要があるからです。
信頼できる永代供養墓の特徴とは何なのでしょうか。
見極めるポイントをいくつか挙げるので、是非参考にして下さい。

 

信用できる寺院・住職か

永代供養墓を運営する寺院もしくは霊園、住職が信用できる施設・人かどうかは、大切な点といえます。

実際に永代供養墓を管理するのは寺院や住職なので、当たり前といえば当たり前です。
納骨や供養は寺院や住職の属する宗教・宗派にのっとって行われる場合が多々あります。

そのため社会的に認められている宗教・宗派から出た寺院かどうかしっかり確認する必要があります。

もしも信用できない寺院を利用したら、供養や納骨の仕方が雑であったりするために故人が供養されずにご家族が気持ちよく参拝できないかもしれません。

信用できる寺院や住職か確かめるために、資料請求やホームページ閲覧を通して、寺院や住職について調べておく必要があります。

実際に訪れてみて、寺院の雰囲気を感じてみるのもよいでしょう。
また、住職と直接話してみて信頼できる人か考えてみましょう。

 

資料や必要書類が適切かどうか

寺院や永代供養墓に関する資料と申し込みの際の必要書類が適切であれば、信頼できる永代供養墓といえます。

申し込みする際の必要書類に曖昧な点や不明確な説明箇所がある場合は要注意です。
そもそも、必要書類には費用に関する情報や、永代供養墓の利用に関する諸条件が記載されています。

永代供養墓の利用は安くはなく、お墓を利用するのはそう頻繁にあることではないので、寺院側とご家族側に情報の違いや不伝達が起こるとトラブルになりやすいです。

 

適当な費用か

永代供養墓の費用が適切であるかどうかが、信頼できるポイントのひとつです。

適切な値段設定がされていればよいといえます。
しかし、極端に費用が安い永代供養墓があった場合はしっかりと確認すべきです。

もちろん低価格が寺院の永代供養墓のウリであることもあるが、法外に安い費用の寺院のサービスは質が低い場合が多いのも事実です。

また永代供養墓の費用において、永代供養墓使用料が年間管理費を含んでいることが多々あるが、そうではない場合もあります。

永代供養墓使用料がどこまでのサービスをカバーしているのか、資料請求や申込書を熟読することで知るようにしたいです。

 

永代供養墓の造りや設備が整備されているか

永代供養墓の造りや運営している寺院の設備がしっかりとしているかも、重要な確認箇所です。

粗雑な墓の造りや整備の行き届いていない施設なのであれば、遺骨の扱いや供養の仕方も雑になりやすいといわれています。

実際に永代供養墓を運営している寺院や霊園に行き見学することで、永代供養墓の造りや設備を見ましょう。

また、永代供養墓だけでなく、寺院全体を見まわし境内の掃除や樹木の手入れが行き届いているかチェックしましょう。

 

〇口コミサイトも確認してみよう

最近では、寺院や霊園に関する口コミサイトもあります。
永代供養墓を運営する寺院や霊園を探し、レビューをみることで、永代供養墓探しの助けになります。

他の利用客の意見や感じたことを知ることで、多方面から永代供養墓を運営する寺院を評価できます。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営