最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

宗教宗派を問わない文京区の永代供養墓の魅力とは?

宗教、宗派を問わない永代供養の魅力東京都内では新しいお墓の形として、永代供養墓に人気が集まっています。
永代供養墓とは料金を払って寺院や霊園が永代的に、お墓の管理・供養をするタイプのお墓です。
特に、後継者がいない人や家族に負担をかけたくない人に人気となっています。
永代供養墓には大きく分けて3つの種類があります。
一般のお墓と同じような個別墓や他人の遺骨と同じ骨壺に入れて供養する合祀墓、屋内の施設に遺骨を預かり安置する納骨堂が永代供養墓の種類として挙げられます。
文京区では主に5つの寺院や霊園が永代供養墓を運営しています。
宗教宗派を問わず利用できる文京区の永代供養墓の魅力について紹介します。
一般のお墓を購入するか、永代供養墓を利用するか迷っている人は是非参考にしてください。

お墓の管理・供養が不要

永代供養墓はお墓の管理や供養が不要です。
永代供養墓の料金さえ払えば、寺院や霊園の方がお墓を清潔に保ってくれるのです。
寺院や霊園によってまちまちだが、供養もしてくれます。
年に1回の供養や毎月供養をしてくれる寺院もあります。
それに対して、一般のお墓は家族や親族がマメに掃除をしなければなりません。
掃除や供え物の交換をしないと何か故人に申し訳ない気持ちを抱いてしまいます。
また、供養のためにお墓のある場所へ行かなければなりません。
社会人にとっては非常に負担のかかるものとなっています。
したがって、お墓の管理と供養が不要な永代供養墓は、家族や親族に管理の負担をかけたくない人にとって良いタイプのお墓だといえます。
さらに、仕事や育児などで頻繁にお墓参りに行くことができない人にとっても魅力的です。

お墓の費用が安い

一般的なお墓に比べて、永代供養墓は費用が安いといわれています。
そもそも永代供養墓の費用は主に、永代供養料と法要、刻字料など諸費用の3つによって成り立っています。
上述したように永代供養墓にはいくつかの種類があり、種類によって費用が少し異なります。
例えば、他人の遺骨と同じ骨壺に遺骨を入れる合祀墓が最も安い永代供養墓の典型例です。
寺院や霊園によりますが、合祀墓は10万円~30万円ほどの費用で済むことがあります。
そのうえ、永代供養墓の費用は初期の支払いのみで済む場合が多々あり、その後の管理や供養に対して追加で料金を払う必要がないといわれています。
また、屋内の専用の施設に遺骨を納める納骨堂も50万円程度の比較的安い費用で済みます。
納骨堂には、区分けされた棚に故人ごとの骨壺があり、開閉式のロッカーで管理されているタイプがあります。
それに対して一般のお墓は100万円~200万円ほどかかるといわれています。
さらに、供養などをする際には追加で支払わなくてはならない場合があります。
したがって永代供養墓は、一般のお墓と比べると費用が安いことが魅力で、経済的に余裕のない人や、お墓の形式にこだわりのない人にとっては非常にオススメであるといえるでしょう。

宗派や宗教を問わない

永代供養墓の、宗教宗派を問わないという特徴も魅力のひとつです。
永代供養墓を管理・運営している寺院や霊園が誰にとっても良い供養の空間にしたいとの思いから、宗教宗派を問わない形式になったといわれています。
一般のお墓では、その寺院の宗教宗派に沿った故人しかお墓を建てることができないとされています。
そのため、特定の宗派や宗教に対してこだわりがない人や宗教宗派の制限なくスムーズにお墓の場所を決めたい人にとっては、永代供養墓は魅力的であるといえます。
ただ、供養の仕方に関しては、その寺院や霊園の宗教宗派に沿ったやり方で行われることが多いので、供養方法や管理方法には留意しましょう。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営