最近話題の永代供養墓におすすめのお寺をピックアップして紹介します

永代供養墓でよくある使用規則とは

永代供養墓でよくある使用規則とは

永代供養墓だと通常の集団墓地とは違った規則が適用されることもあります。
使用規則によってはかなり厄介なものもありますが、だからこそ事前に使用規則について知っておくことが欠かせません。
ここではこうした永代供養墓を契約する前に知っておきたい使用規則について詳しく紹介していきますから、これから親の永代供養墓を選ぶといった人は参考にしてみてください。

 

 

永代供養墓の使用規則とは?どのような内容が記載されている?

どの墓苑でも使用規則はあるものですが、永代供養墓は特に使用規則が細かく決められていることが多いうというのが特徴です。
使用規則の多くは、

「境内では飲食をしない」

「許可無く火をおこさない」

といったような当たり前のものばかりですが、中には永代供養墓ならではの規則もあります。

◆勝手に墓の清掃ができない

例えば、勝手に墓の清掃ができないようなこともあります。
永代供養墓では墓の清掃もスケジュールが決められており、参拝者が関与できないこともあるのです。

◆参拝時間

また、参拝時間なども通常は使用規則に規定されています。
参拝時間が何時から何時までなのかといったことを知りたい際には使用規則を見てみると良いでしょう。
このように使用規則は永代供養墓の説明書としての性格もあります。

こうした使用規則を守らないと注意を受けるだけでなく場合によっては永代供養墓に立ち入り禁止になってしまうこともあります。
こうしたこともあり、使用規則は必ずチェックしておきたいところでしょう。

 

〇使用規則にないけれど知っておきたい規則

また、使用規則にないけれども知っておきたい規則もあります。
例えば、参拝について使用規則について記載されていないけれども、参拝時には予約が必要になってくるような永代供養墓もあります。
他にも、立ち入りできない区画があるような永代供養墓地もあります。
このようなこともあるため、契約時にしっかりと使用規則に記載がないような内容については永代供養墓業者の担当者に聞いておきたいところでしょう。

こうした使用規則は資料請求時の資料に記載されていることもあります。
また、墓苑の前に看板などで掲示がされていることもあります。
とはいえ、資料請求時の資料や看板に記載されている使用規則は使用規則の一部であることもあります。
そのため、やはり詳しく使用規則について知りたい際には永代供養墓業者に連絡して聞いてみるのが一番でしょう。

いずれにしても使用規則について十分に知らずに永代供養墓を決めるのは危険です。
使用規則が原因で業者を変えないといけないこともありますから、余計なトラブルを避けるためにも事前に使用規則についてじっくり見ておくと良いでしょう。

使用規則は基本的に永代供養墓の管理事務所に備え付けられているものです。
このため、契約前に気になったら立ち寄って使用規則を細かく見てみると良いでしょう。
使用規則自体をくれることもありますが、要約版なのかどうかは確認しておきたいところです。

使用規則は永代供養墓地によって異なる

こうした規則は基本的に永代供養墓地によって異なります。
永代供養墓地を管理している寺・神社の宗派が異なればそれにともなって使用規則も変わってくるのです。
使用規則を見ればその永代供養墓地の性格・特性がわかってくるともいえます。
このため、親の永代供養墓地を選ぶ際には使用規則も見ておくと良いでしょう。

他にも、永代供養墓地による差はいろいろとあります。
管理費などもかなり違いがありますし、どのような管理体制なのかも変わってきます。
参拝も自由にできるところもあれば、必ず予約が求められてくることもあります。
このように単に永代供養墓地といっても墓苑によって様々であることは知っておきましょう。

掲載永代供養墓一覧
本法寺(ほんぽうじ) 浄土真宗
一行院(いちぎょういん) 浄土宗
慈照院(じしょういん) 曹洞宗
護国寺(ごこくじ) 真言宗
れんげ山霊園(れんげやまれいえん) 民営